ブログトップ

maka-ris

makaris.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

禅と里帰り

ご心配おかけ致しました。
無事に退院することが出来ました!!
皆さん、本当にありがとうございました!
コメントも全然返せず、すみません(/_;)

突然の『明日、退院してもいいですよ』のお言葉で、バタバタと退院。

色々な検査の結果は異常なしでした。
だけど気になる症状はあと少し残っているので、あとは経過観察で様子を見ることになりました。

頭の中の出血は珍しいケースではないみたいですが、いざそうなるとさすがにビックリしちゃいますよね。

幸いにも、禅の頭が吸収できる量の出血だったので、頭の中の出血は今らほとんどなくなったらしいです。

NICUへの出入りは、肘までの念入りな手洗いと消毒が必要で。
ボロボロになった私の指をギュッと握ってくれる禅の小さなおててが愛おしくてたまりません。

b0233953_11443789.jpg


今は大阪の実家に里帰り中です。
実家での極楽生活が始まって数日。やっと私と禅のペースもつかめてきた所ですが、来週には既に1ヶ月検診があるので、今週末に自分のマンションに帰ります。

束の間の里帰り。

昨日、母親が昼ご飯に焼いてくれたたこ焼きが、禅の大集合に見えました。

b0233953_1149453.jpg


妙にフィットする。
やめられない。

嫌そうだけど、ちょっと嬉しそう。

ずーっとオナラして、
ずーっとウンチしてる禅。

特盛りのウンチをする瞬間は『ギャッ』と小さく声を上げる禅。

毎日禅を見て笑える。
全てが面白くて、可笑しい。

禅、大好きだよ~
愛してるよ~

b0233953_1264911.jpg


旦那がボソッと
『子供が出来て、臆病になった』と言いました。
本当にその通りだと思いました。

親になると強くなると言いますが、正直な所、私にはそのような実感はありません。

心配なことや、恐いことがたくさん増えて、ビクビクする毎日でした。

だけど、禅が生きているという素晴らしさに勝るものはありません。

強いとか、恐いとか、そんなことよりも、ただただ禅がこの世に生きていることが素晴らしいと思えます。
[PR]
by maka-ris | 2013-02-25 11:38 | ●maka‘s 禅(ZEN)

禅とNICU

たらこの名前は『禅(ぜん)』になりました。

禅の名前の由来は。

旦那が『翔(しょう)』という、一文字の名前であること。

そして、禅というものには、武士道の精神が深く関わっているということや、座禅という言葉があるように、自分と向き合い、物事の本質を自分自身によって見分ける(見抜く)というような意味があることから、この漢字を選びました。

目に見えているものだけや、聞こえてくるものに惑わされず、いつも自分にとって自然なこと、大切なことを見極められる人間であって欲しいと思います。
日本人として産まれた事を誇りに思い、DNAに刻まれた武士道の精神を大切にし、常に自分と向き合える強い男になってもらいたいという意味を込めて。

b0233953_229321.jpg


出産翌日。
朝から授乳ということで、部屋で禅を待っていました。

だけど一向にこない。

するとものすごい笑顔で看護師さんがやってきました。

『びっくりしないでね!禅くんに気になる症状があるから今すぐ大学病院に連れて行きたいの。旦那さんすぐ呼んでもらえるかな?』

あのときの恐怖は一生忘れられません。

旦那にすぐ仕事を切り上げて病院にきてもらい、先生の話を聞きました。

『落陽現象』という黒目がすとんと下に落ちるような症状がかなり頻繁におこっているということでした。

私の出産はお腹の上に馬乗りになってもらったり、最後は吸引してもらったりとかなり補助を要する出産になってしまったので、禅への負担が大きかった可能性があると。

そのまま禅は救急車に乗せられ、旦那が一緒に乗り込みました。
そして生後2日目にして、禅は、一度も私のおっぱいを吸うこともなく大学病院のNICUへ。

10ヶ月一心同体だった禅とはそれきり離れ離れになってしまいました。

まず一つ目の検査結果の報告が旦那からありました。

『どうやら頭の中に出血があるらしい』

この時は、心臓が止まるかと思いました。

吸引したから?
引っ張りだしたから?
私がもっと上手にいきめてたら?
分娩時間が長かったから?

同じことを夜までずっと考えていました。

病院のスタッフさんは本当によくしてくれました。
あのとき、あのタイミングで吸引してもらえて本当に良かった。
納得のいく分娩、とっても感動したお産でした。

そして自分。
自分はもっと頑張れたかもしれない。
だけど、私の身体は本当によく頑張ってくれました。
身体は限界まで開いてくれた、禅もよく出てきてくれた。
初産でほぼ4000gの男の子を頑張って通してくれた私の身体に感謝しています。

そう。

ほんとはわかっている。

誰も悪くない。

みんな本当に頑張ってくれた。

自分が楽になりたいがために、誰かのせいにしたり、悪者を探したりするのはやめよう。

そんなことしたって禅の出血は治らない。

悲しいとは違う。
悔しさに似た感情で胸がいっぱいで、その晩は泣きながら禅が飲むはずだったおっぱいを絞りました。

準備したはずのおっぱいは、何度も何度も絞っても、スプーン一杯ほどしか出なくて。

涙は飲めるほど出るのに。

悔しくて、悔しくて。
悔しかった。

私が退院した日、面会開始時間きっちりに禅に会いにいきました。

『禅、久しぶりだね。』

声をかけた瞬間、禅は目を見開いて笑ってくれました。
手足を全力でバタバタさせながら。

b0233953_2204466.jpg


b0233953_2204744.jpg


わかってるんですね。
覚えてるんですね。
10ヶ月聞いてきた声を。
私のことを。

周りにいた看護師さんもすごく驚いていましたが、何より私が一番驚きました。

嬉しいや、感動を通り越して、恐ささえ感じました。
凄すぎて。

目に見えない繋がりや、新生児の可能性の凄さに鳥肌がたちました。

禅が一番頑張ったね。

産まれてきてくれてありがとう。
ほんとにそれだけで嬉しいよ。

愛しくて、愛しくて、たまらない。

b0233953_2222349.jpg


私のパーツを並べたような禅さん。
君はお腹の中から出てきても、本当に手のかかる奴だね。

もしも何かがあっても、何もなかったとしても、この愛おしさは何も変わらない。

b0233953_2225068.jpg


禅の精神で、私達家族にとって大切なものをきちんと見極めようね。
私達なりの、世界一楽しくて、世界一愛し合える家族にしようね。

かわいかった今日の禅が忘れられなくて。会いたくて、会いたくて。
かぁちゃん眠れないよ!!

b0233953_2242851.jpg


今日も禅が生きている。
それだけで幸せで泣きそうです。

退院目指して頑張ろうね。




たくさんのお祝いの言葉、本当にありがとうございます!
お返事がいつになるかわかりませんが、気長にまって頂けるとありがたいです。

私は禅のおかげで本当に前向きに幸せを感じて毎日を過ごせていますので、心配しないで下さいね(*^^*)

また禅の経過を報告させて頂きます☆
[PR]
by maka-ris | 2013-02-10 02:10 | ●maka‘s 禅(ZEN)

たらこの誕生

皆様、本当にお待たせ致しました。

ワッフルと紅茶で難産に備えたおかげで(笑)無事に乗り切ることが出来ました。

2月3日(日)節分の日。
午前8時50分産まれ
3960g

最後は、吸引分娩、馬乗りになってお腹を押し出してもらい、5人ががりでたらこを引っ張り出すという感じで、決して安産ではなかったようですが、
私的には、あの状況であの出産が出来たのはパーフェクトだったんじゃないかと思えるくらい悔いのない出産でした。

そんな出産にして下さった、先生とスタッフさんに本当に感謝致します。

吸引分娩したので、たらこはまるでピーナッツの神様みたいです。
頭+顔+身体 みたいな(笑)

たらこが一番しんどかったと思います。よく頑張ったね。たらこ。

出産中、何度もたらこ!と叫びそうになりながら、それは恥ずかしいやろと、赤ちゃん!に置き換える冷静な自分がいました。

胎児ネームは出産中に叫んでもそこそこおかしくない名前にすることをオススメします。




出産を今一言で言うなら、『宇宙』でした。

安産ではなかったようですが、産み終わった瞬間に、また産みたいと旦那に言ってる自分がいました。

正確には『あの宇宙にもう一度行ってみたい』かもしれません。

出産の詳細や、気持ちなど、産まれたたらこの事など、また追って記事にさせて下さい。

書きたいこと、残したいことが、山ほどあります。

取り急ぎ、ご報告まで。



ふぁーーーーーー。

全身の筋肉痛と、子宮まで裂けたからか、ろくにうごけませんが、意を決して今トイレに立ち上がろうと思ってます。

そう思いながら、コレを書き、ダラダラ‥‥。

今は皆さんに立ち会って頂いたような不思議な気分です。

一緒にワクワク、ドキドキして頂いて、本当にありがとうございました。

明日からたらこのお世話が始まります。

新米かあちゃん、適当に頑張ります。


うぉりゃーーーーーー!!!!!!
[PR]
by maka-ris | 2013-02-04 02:17 | ★maka's たらこ

たらこと出産

個人的な出産の記録です。
生々しい表現もありますので、苦手な方は読まないで下さい。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

出産は一言で言うと宇宙でした。

痛い。苦しい。大変。

そんな言葉がイメージとして先に出てくることが、本当にもったいないと思いました。

確かにそうかもしれない。

だけどそういう言葉より、もっと先に出てくる言葉があってもいいのにと思いました。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



2013年2月3日(日)

0時過ぎたところから陣痛が始まりました。5分から10分くらいの間隔。

3時、ナースコールにより子宮口を見てもらうと4cm。
陣痛室で待つよりも、部屋に一旦戻る事を希望して、長期戦に備えて(反屈位と診断されていたので)ワッフルと紅茶を飲む。

4時頃、陣痛3分~5分間隔。
痛みが変わり耐え切れずナースコール。
陣痛室のベッドへ移動。
そこで旦那を呼び出しました。

そこからの痛みは劇的に痛かったです。
突然襲われる、くじらが肛門から出ようとするような感覚!!!!!!

私『うぬぉあ゛~~~~~~』

叫びはしないものの勝手に声が漏れる・・・。
ものすごーーーーーーい便意。
多分便意ではないんだと思いますが、私にしたら便意でしかなかったです。

分娩室のベッドに移動。
子宮口は全開。

b0233953_14453712.jpg


考えていたことは、とにかく2日間、これを耐え抜くという決意。
反屈位と言われていたこともあって、自分の中で2日あれば産まれるだろうと思い、
勝手に2日間という設定をして頑張る事を決めていました。
短くなる分にはいいけれど、思っていたより長いことほど辛いことはないので。

助産師さんに、陣痛ないときは寝ていいから!!と言われました。

え??寝ていいんだ!!!!長期戦にきっとなるし、よし寝よう!!!と意気込む。

多分陣痛は1分~2分間隔だったと思うんですが、

私『うぬぉあ゛~~~~~~』

の後、陣痛が引いてくると、即寝。
そしてまた痛みで目が覚め、

私『うぬぉあ゛~~~~~~~』

そして即寝。
なんという図太さ。

それを永遠繰り返していると、

助産師『もう頭見えてるからね!!!もう出るよ!!!頑張って!!』

多分そこから2時間・・・・

たらこが出ようと頑張っているのがものすごい伝わりました。

【うーーーーーん!!! うーーーーん!!! かぁちゃん、苦しいよ。 早く出たいよ。 うーーーーーん!!!! 苦しいよ】

一向に分娩が進まない。

私は酸素マスクを被せられる。

次第にたらこが

【う~ん。 う~ん。 かぁちゃん。 何かこれ以上出れないの。 疲れてきちゃった。 かぁちゃん。 僕出れないのかな? 苦しいよ。 】

になってきたのがわかった。

応援にきていた看護師さんに質問した。

私『赤ちゃん、大丈夫ですか??? 弱ってる気がするんですけど、大丈夫ですか?? 生きてますか??? 』

看護師『大丈夫!! ちゃんと心拍ありますから!!! 気にしないで!!』

だけどその時くらいから、私はお腹を切ってもらった方がいいんじゃないか??と思い始めていました。
もし帝王切開に移行することを進められたら、迷わずに従おうと。

そうこうしていると先生が入ってきて、『もう吸引や。』と言われました。

助産師『旦那さん、ごめんやけど出ていって!!!生まれるときにすぐに呼ぶからドアの前で待機してっ』

そこから一気に物々しい雰囲気に。

私もその空気にのまれ、少し緊張してくる。

先生『次の陣痛で一気に出すよ!!!頑張っていきんでな!!!』

吸引器具を挿入し、陣痛と一緒に渾身の力でいきむ。

私『ぬぅ~~~~~~~~ッ!!!!!』

助産師『だめ!声は出さないで!!!』

そう言われても、どうしても声が漏れる。
でもはじめの、たらこの出たい!!!!は、確実に出して!!!!に変わっている事を感じていた。

早く出してあげたい。
苦しがってる。

お願い、私の赤ちゃんはやく出してあげて!!!!!! お願い!!!!!

あの時の私は麻酔なしでお腹を切るといわれていても承知していたと思う。
本当に自分の身体が竹のように裂けたらどんなにいいかと思った。
早くたらこを出してあげたい。それしかありませんでした。

先生『せーーーーの!!!!! いきんでーーーーーー!!!!』

私『んーーーーーーーっ!!!!!!!!!!』

すぽん!!!!!

産まれたんじゃない。
吸引器が外れる・・・・。

もう一回。

先生『せーーーーの!!!!! いきんでーーーーーー!!!!』

私『んーーーーーーーっ!!!!!!!!!!』

すぽん!!!!!

また外れる・・・・・。

先生『おいっ!!!!!おるやつ全員こっちこーーーーーい!!!!!!』

バタバタバターっと看護師さんが3人ほど走ってきた。

先生『一人上乗れっ!!!!押せっ!!』

一人は私に馬乗りになってお腹を下に押した。
あれだけ衝撃がないように、10ヶ月大事に大事に守ってきた大きなお腹。
それも大人が全体重をかけて力いっぱいに。

でも不安はなく、
本当にもうお腹なんかどうなってもいいから思い切り押してくれ!!!!と思いました。

一人は私の手を押さえ、もう一人は私の足を抑えてくれた。
助産師さんは子宮口でたらこをひっぱりだそうとしていた。

私『赤ちゃん、生きてますか?!!! 赤ちゃん、大丈夫なんですか?!! お願いします!!!!!』

何回言ったかもうわかりません。
その度に看護師さんが

看護師『大丈夫ですよ!!!! 赤ちゃん頑張ってるよ!!!! 大丈夫やよ!!!!! 絶対大丈夫やから!!!! 頑張ろ!!!! 頑張ろうね!!!!』

何回もそう言ってくれました。
ベッドの手すりを握りしめた私の手を握り、さすり、優しく、でも力強く何回も何回も言ってくれました。

あれだけ他人の言葉で安心したり、心強く思ったことは、後にも先にもないかもしれません。

一緒に頑張ってくれている感じが本当にすごく伝わって、
あんな状況だったのにものすごく感謝の気持ちでいっぱいで、心が落ち着いたのを覚えています。

4回目の挑戦。

先生『せーーーーの!!!!! いきんでーーーーーー!!!!』

先生は吸引器をひっぱり。
看護師さんが私の手足を抑え、お腹を押し、
助産師さんがどうにかたらこを掴もうと手を伸ばしていました。

先生『もう少し!!!!  もう少し!!!  もう少し!!!!  もう少し!!!! もう少し!!!!』

私『っ!!!!!!!!!!』

私の肺の中に酸素が0になったんじゃないかと思うくらい。
長い時間いきんだと思います。

息を吸いたい。

だけどもう少し!!!!もう少しで出してあげられる!!!!!!

その時、本当に不思議な体験をしました。

真っ暗な。
暗いというか、深い。
とてつもなく深くて広い、そして永遠に続く長い空間。
私の知っているものでたとえると、宇宙。
そこを猛スピードで飛んでいました。

そこには銀のような白のほうな星のようなものがビュンビュン流れていて。
自分が猛スピードで飛んでいるからそれが流れているように見えたのか。
その白いものも同じように流れていたのかはわかりませんが。

とにかくものすごい数がビュンビュンと。

ディズニーランドのスペースマウンテンのような。
宇宙をジェットコースターでビュンビュン飛び回るような感覚。

でもどこか不思議の国のアリスが穴に落ちてどこまでもどこまでも深く落ちるようなかの感じにも似ているような。

助産師さん『旦那さん入ってーーーーーーーーッ!!!!!!』

ズルッ!!!!!!!!!!

旦那がドアを空けて分娩室に入った瞬間、
脇の下を助産師さんに掴んでもらったたらこが、ライオンキングのシンバのように引きずり出され、抱え上げられました。

たらこは何かで羊水を吸引してもらって、すぐに大きな声で泣いてくれました。

ああ、生きてる。良かった。

本当に生まれたてのたらこは顔は顔もパンパンにむくみ、
頭といえばピーナツのように伸びて、
長いこと途中で止まっていたので頭には輪が出来ていました。

生まれたてのたらことの対面は感動というより達成感でいっぱいで。
お前だったのかーどうも、はじめまして(笑)っていう感じで。

旦那も私も涙は一粒も出てきませんでした。

そして旦那に、

『あたし、もう2人目欲しい。また産みたい。』

そう言っている自分がいました。
正確には、あの宇宙にもう一度行ってみたい。だったように思います。

旦那はこんなお産で一体何で????という感じでしたが。

宇宙の正体は未だに結論が出ませんが、
生死の境をさまよった人がお花畑や三途の川を見るという話をよく聞きますよね。
そのお花畑や三途の川のような、生きている人間は少し縁の遠いような場所のような気がしています。

物凄く素敵な場所というわけではない。
何もない。無数の光だけ。
暗くて。深くて。長くて。ちょぴり怖くて。
でも何故か見てみたい。覗いてみたい。行ってみたい。
気になる。
忘れられない。

もう一度出産するとき。
もしくは私が死ぬとき。
もう一度人間として生まれ変わるとき。
もう一度生まれ変わり産道を通るとき。

このどれかでもう一度あの場所に行ける気がします。

b0233953_14494244.jpg


赤ちゃんは自分で出れるのか、出られないのかわかるといいますよね。
たらこはきっと出れるか出れないか微妙な所でずっと迷ってたんだと思います。

頻繁にあった前駆陣痛はきっとそのせいだった。
何回も、今かな?今かな?って挑戦しようとしていたんだ。

だけどやっぱり怖くて。
自信もなくて止めて。

でもやっぱり2月3日に勇気を出してくれた。

頑張ったなぁ。
怖かっただろうなぁ。

寝ていて、急にギャン泣きをすると産道を通るときの事を思い出して、怖くて泣いているんだろうな。と思います。
そしたら愛おしくて、愛おしくて、抱きしめたくなる。

本当に怖くて、辛くて、苦しくて、大変な体験だったと思う。

私の身体もよく頑張ってくれた。
私の身体、ありがとう。

だけど、たらこの頑張りに比べたら足元にもおよばない。

まぁ宇宙に関してはただの酸欠でしょって思われると思うけど。
私は宇宙だと思ってる。

だって未だにこんなに鮮明に思い出せるんだもん。
その違いは、やっぱり言葉にすると少し安っぽくなってしまって残念だけど。

たらこがもう少し大きくなったら、生まれるときの話を聞いてみたいな。
[PR]
by maka-ris | 2013-02-03 08:50 | ★maka's たらこ

たらこと陣痛

ついに陣痛きましたー!

0時まわったところから、痛みはあったものの、とりあえず眠れるとこまで眠ろうと無視。

だけど1時40分回ったところからもう眠れない。

そこでやっと時間計りはじめると、3分~5分間隔。

たらこが骨盤ゴリゴリしてるかんじがすごい!

まるまる1時間我慢して、
念の為にナースコール。

子宮口は4センチでした。

これからって感じですねー。
不安だったらこのまま陣痛室にいても構わないけど。

と言われましたが、そそくさと部屋に帰ってきました。

とりあえず落ち着く為に、
持参したローズヒップルイボスを入れ、旦那が買ってきてくれたワッフルを一人で食べました(笑)

b0233953_46193.jpg


どのタイミングで旦那を呼ぶか迷うな~(とりあえず家で寝てもらってます)
我慢しすぎて産まれちゃったら嫌だし(-_-;)

しかし

いたーーーーい!!!!
[PR]
by maka-ris | 2013-02-03 03:55 | ★maka's たらこ

たらこと入院

こんばんわ。

皆様、メールやコメント、ありがとうございます☆
なんだか、嬉しいし、心強い。

今のとこ。まだなんです(>_<)

陣痛はその後も来ず、今に至ります。自然陣痛待ちです☆

さっきモニターつけたら、たらこはんは寝てました(笑)

なんだか、ご飯食べて、和室でゴロゴロして、テレビ見て。
ただの旅行気分☆

b0233953_2332816.jpg


明日来るであろう戦に備えて、、、寝ます(*^^*)

おやすみなさい☆

皆様に明日、ご報告できたらいいな( ´艸`)

たらさん、まさか節分産まれ??
[PR]
by maka-ris | 2013-02-02 23:29 | ★maka's たらこ

たらこと破水

今朝は珍しく旦那がお休みだったので、朝ゆっくりめに9時に起床しました。

トイレに座ると、おしるしが☆

ついききた!と、喜んでましたが。

トイレに行く度に出る鮮血。

ナプキンも二枚が満タンに。

これはさすがに量が多いなと思い、出血量を病院に連絡すると、すぐに来て下さいと。

内診してもらったところ、破水でした!

思ってた破水と全然違うし。。。
気づかない人、絶対いると思うな。
親友に念のため病院に連絡した方がいいと言われたから、連絡したけど。
親友様々。

すぐに入院し、今たらふく買ってきてもらった、サンドウィッチ・アメリカンドック・お弁当をたいらげました(笑)

へへへ(笑)

陣痛はまだ始まってません。
子宮口は3センチ。

たらこさん、頑張って!!

b0233953_14464.jpg


入院報告にお忙しそうな旦那はん。
部屋は和室getできたのでかなり快適です(*^^*)

さぁ~ゆっくりたらこさんのサイン待ちますか~☆

今は天国です( ´艸`)
[PR]
by maka-ris | 2013-02-02 13:17 | ★maka's たらこ

たらこと干し芋

最近ヘビロテの私の前髪バレッタちゃん。
福袋に入れてたものです^^

b0233953_13423472.jpg


結構使える奴です。

b0233953_1642070.jpg




今日も検診行ってきました。
定期的に張りはあるものの、自覚はなし。
たらこはまだもっと下がるみたいなので、出産まではもう少し時間がかかりそうです。

あの4分間隔の前駆陣痛のお話を助産師さんにしたら、
そんな感じの痛みですよ!それだったら陣痛も同じ痛みだから、それが続いたら病院来てね!って。

やっぱりあれが陣痛の痛みなんだ・・・・
産むときはもっと痛いんだろうけど、始まりってあれくらいなんだ・・・・
ちょっと拍子抜け。

たらこはもう3500gはあるようです。
だけど胎盤もたらこも元気で順調なので、42週までは自然に任せようとなりました。
私の体格も大柄なので4000gまでは余裕のよっちゃん!!(←先生がこう言いました。笑)
らしいです。

皆様をやきもきさせちゃってすみません。

もう少したらこ日記にお付き合い頂けたらと思います。



浮腫みがまた復活してきたので、
本当に、本当の本当に!!!塩分カットと体重管理頑張って下さい!!!と助産師さんに言われました・・・
なので本気で頑張りたいと思います。

助産師さんに、干し芋だけ食べさせて!!!(;_;)と懇願したら、
じゃぁチョコ我慢して、少しだったら干し芋食べていーよ。と。

じゃぁ、今日は一枚だけ♪と、さっき干し芋食べました。
でも、とっておきの一枚なのに、なーんか美味しくない。
何気なく裏見たら。

一面茶色のカビでびっしり。。。。

チーン。たらこ、スマン。

食欲失せました・・・・。いいのか、わるいのか・・・・。


明日からは珍しく旦那が土日お休みです^^
何しようかな。
遠出も出来ないし、風邪も怖いから人混みにもいきたくないけど。

たらこがくれた時間だと思って今だけの時間、しっかり楽しみたいです!
[PR]
by maka-ris | 2013-02-01 23:51 | ★maka's たらこ